複数ある一戸建て住宅の種類

一軒家

まだ誰も住んだことがない新築住宅は、大阪でマイホームを購入する場合にも理想的な物件ですが、一軒家には幾つかの種類があります。大阪エリアでも盛んに販売されているのが分譲住宅であり、新築一戸建てとしても非常にポピュラーです。この種別は特定の区画内に複数の一軒家をまとめて建築し、各物件を分売することから分譲住宅と呼ばれています。また分譲住宅は土地に関しても開発が済んでいるため、水道や都市ガスなどの敷設工事も完了しているのが一般的です。そして、分譲住宅と似た種類では建売住宅があり、これは建て終わって何時でも住める状態で販売されている物件を指します。分譲住宅もそれに当たることから、分譲住宅の同義語として使われるケースも珍しくありません。ただし建売住宅といっても必ず完成済みという訳ではなく、多くの物件は建築中でも売り出されています。建売住宅の対になる種別としては建築条件付きの土地があり、これは主に更地の物件で、これからその土地に家を建てるタイプです。家の建築を依頼できる業者や、建築契約を結ぶ期限などが決まっており、好きなハウスメーカーを選べない仕組みとなっています。それに対し、建築条件が付帯しない土地を購入したり既に所有している土地に、希望の工務店やハウスメーカーを選んで、自由に家屋を建てられるのが注文住宅です。大阪で新築一戸建て住宅の購入を予定している場合は、それらの種別を把握しておきますと選びやすくなります。

予算を抑えたい場合や間取りに拘るなら

一軒家

予算を掛けずに新築一戸建て住宅を大阪で買うのが目的なら、利用すると良いのが分譲住宅です。この種別は価格がリーズナブルなため、同クオリティーの家を注文住宅で作るより安くなっています。これは資材の大量購入により単価が下がるスケールメリットの恩恵によるもので、多棟同時建築の分譲住宅なればこその強みです。ただし完成済みの物件ゆえ、間取りの変更はできませんから、その目的も外せない場合は、建築条件付きの土地を利用すると良いでしょう。

最高の自由度を目的とするなら注文住宅を

家族

建築条件付きの土地は分譲住宅より間取りの自由度に優れて、建築プランはある程度業者側で用意しているので注文住宅より手間が掛からないのもポイントです。しかし大阪で拘りの新築住宅を建てたい場合は、注文住宅を利用するのが上策になります。対応する工法は建築会社によって違いますから、注文住宅ならRC造に対応する業者を選び、静穏性にも秀でた頑丈な鉄筋コンクリート造の家も建てられるのです。そのほか、ハウスメーカーでは対応できない家をお望みなら設計事務所を活用し、そこで仕上げた図面を基に工務店へ建築を依頼することもできます。

広告募集中